2016年02月17日

自分の葬儀をキリスト教式で行いたいときの準備や必要なこと

自分の葬儀キリスト教式で行いたいときの準備や必要なこと

葬礼支援窓口

死亡した場所に寝台車で移動に出発します。

それから、御家族の方々で棺に入れることをさせていただきます。

斎場に行動して、逝去した方をお別れします。

参列者をお導きします。

召天者の歩みに感謝しつつ、祈祷をするようにします。

逝去した方を告別して、偲びます。

葬礼電話センターの1日葬は、会食の機会を持ちます。

ファミリーでのお葬式は、通夜式と葬儀式を行います。

安心感のある生花祭壇を制作して、家族で召された方を偲びます。

ご遺族に寄り添い葬儀場に移動します。

一般的な葬送は会社の仲間や友朋を招待します。

仏教での坊さんへのお布施は金額が高い。

我が国の弔いの方法は、すごくコストが高いということが認知されている。

葬儀社は、遺体の運搬から式場の用意、葬祭のアレンジまですべて担当します。

代表者は、お見送りの全てを仕切り、金額を負担するという負担のかかる苦労があります。

自分の経済性の状態や宗教事情に合わせたお葬式を執り行うには何をすればいいのか?。

追加の料金が全然なく、全体の葬送費用を確かめるには?。

企業情報を要請した、書面 で必要経費を確認してください。

告別式で坊さんにお渡しするお布施の料金が高いので驚いてしまう。

互助会では、打ち切りの場面でもつれが生じやすい。

案内の段階では安堵させて、いざ申込すると代金を吊り上げられる。

互助会を打ち切り希望すると、多くの事務手数料を請求される。

弔いをしたいが、お寺さんの墓はどうしたらいいのか?御骨を引っ越したい。

価格が激安な手段は?葬式窓口受付では、納骨堂の案内や埋葬もサポートしてもらえます。



posted by お葬式のお金・葬儀費用 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教 葬儀
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174102508
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック